【FX】5万円トレードチャレンジ報告2週目【2019年11月22日スタート】

投資の世界へ 投資記録

こんにちは、インベスターDです !

11月22日より5万円を元手にトレードを開始しました。

5万円トレードチャレンジ

  •  5万円原資+XMのクレジットポイント
  •  売買履歴はすべてtwitterに公開(もれていたりしたらすみません・・)
  •  トレードスタイルは短期メイン
  •  移動平均線・フィボナッチ・プライスアクションを根拠に売買
  •  許容リスクを考えた上でトレードを行う
  •  目標金額100万円

通貨ペアは主にドル円・ユーロドルをメインに、ゴールドやポンド円もたまに触ります。

5万円トレードチャレンジ・結果報告

トレード結果
前週の結果+36130

トレード結果
今週の結果
前週比+129,167円 、クレジットポイントも+9,886円

クレジットポイントも含めた証拠金は20万円半ばになりました。

主なトレード

  •  ポンドドル・・・ロングポジションで10万円以上の利益を確定
  •  ユーロドル・・・2万円弱の損失
  •  ドル円  ・・・雇用統計で2万円の利益も、その後、利益が削られトータル3000円程の利益に

ポンド・ドルロング

トレードチャート

取引①

gbpusd1

取引②

gbpusd2
トレード・プライスアクション
取引②についての解説です。画像をクリックしてください!

この2取引で計10万円弱の利益を得ました。リスクはかなり取りましたね・・・
取引①では利益は大きく出たから良いものの、ギャンブル要素が強いトレードになりました。いくら自信があるからと言ってこうしたトレードはしてはいけないですね・・

こうしたポジションを取らないようにするために、レバレッジを50倍に抑えることにしました。このままフルレバの取引をしていれば間違いなくゲームオーバーになるので。

フィボナッチ分析については下記記事を読んでください。

こちらからどうぞ【相場分析に役立つ】フィボナッチリトレースメント【MT4・MT5を使って】

使用口座 ⇒ XM口座登録

ユーロ・ドルショート

EURUSD
EURUSD

ユーロドルは完全にミストレードです。
利益が出ていたのにも関わらず、レートが逆行し、価格が建値付近に来ても利確せず、さらには重要な経済指標ADP雇用統計の発表をまたいでしまいました。

    アメリカ・ADP雇用者数 とは
    民間給与計算代行業者大手のAutomatic Data Processing(ADP)社が、自身の持つ全米約50万社、約2400万人のデータを元に発表する雇用調査レポートにおける、月ごとの雇用者数の増減。2006年5月に始まった比較的新しい経済指標。
    市場の注目度が高い労働省による雇用統計のうち、非農業部門雇用者数(NFP)の民間部門との相関性が高いとされており、雇用統計の先行指標として注目される。

ドル円・ロング


USDJPY

雇用統計の結果が想定以上によく、ロングでポジションを取りうまく利確できました。
しかし、その後の値動きが想定以上に弱く、追撃買いした分が損切となってしまいました。

損切された後もドル円は逆行。損切の大切さがよくわかる相場でした。

今週のトレード・まとめ

複利

    今の証拠金をもとに複利計算しました。1日2パーセントで180日利益を積み重ねた場合です。
    180連勝しないといけないので実際は不可能に近いのですがね・・
    しかし、わずか2%の利益の積み上げでも、いずれは大きな金額になることがわかります。
    今週の私のようにハイリスクなトレードをする必要はないのです。

先週と比べて大きく利益は伸ばしましたが、中身はリスクの高いトレードが大半を占めていました。

来週以降はレバレッジを50倍以内に抑えて、1週目のようにコツコツと利益を積み重ねるトレードをしていきます。

しかし、証拠金も大分増えたので、以前のようにレバレッジを上げる必要もないのですけどね。50倍で取引した場合、最大で約1ロット(10万通貨)の売買ができるので、個人的には十分です。
10万通貨の場合、1銭で1000円の変動、10銭で1万円になります。

 エントリー時に想定損失額を計算する

今週のもう一つの課題です。ポンドドルの取引の時は損切ラインでの損失額が証拠金の4割近くと、完全にポジション数を誤りました。
今後はこうした逝ってこいトレードは禁じることにします。どこかで確実に退場することになるので。

損切ラインを決め、許容損失額分のロットを張るようにします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

海外FX業者で取引したい方は下記記事を読んでください。

こちらからどうぞ海外FX業者で始めるトレード【10万円を1000万円に】