【テクニカル分析を始めよう】
エンベロープ編
【トレンドの把握が命】

投資の教科書

こんにちは、インベスターDです!

前回は移動平均線について解説を行いましたが、引き続きテクニカル指標について解説していきたいと思います。

テクニカル指標は特に売買を繰り返す短期トレードをする上で大切になってきます。

テクニカル分析って何って思われる初心者の方も多いと思いますので、まずは意味について説明していきます。

テクニカル分析を始めよう

テクニカル分析

テク二カル指標とは値動きを予想したり、売買のタイミングを知らせることを目的とした指標の事を指し、その指標を活用したチャート分析の事をテクニカル分析といいます。

テクニカル指標は様々な計算式によって成り立っており、複雑なものも多いですが、計算はトレードソフトが行ってくれるので、私達はテクニカル指標の見方を覚えるだけでオッケーです!

 テクニカル指標は計算式は覚えなくて良い、見方だけ把握する。

テクニカル指標の中でも種類がいくつかあり、まず初心者トレーダーが学ぶべき指標はトレンド系オシレーター系になります。

オシレーター系は主に相場の過熱度合いを測り、トレンド系は名前の通り相場の方向性を示します。

今回全て説明することはできませんが、次回以降、順を追ってに解説を行っていきます。

トレンド系テクニカル指標一覧

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • エンベロープ

オシレーター系テクニカル指標一覧

  • RSI
  • MACD
  • ストキャスティックス

エンベロープとは

エンベロープは、価格が移動平均線からどの程度離れているかを測る指標です。
下の図のように移動平均線(赤色の線)から一定距離離れている青色の線がエンベロープになります。

エンベロープ

株価や為替レートは『最終的に移動平均線と交わる』といった特性があります。
その特性を活かしたトレードをエンベロープを用いて行うことができます。

また、相場が『レンジ相場』か『トレンド相場』かによってエンベロープの活用方法も大きく変わってきますので、それぞれのケースにおけるエンベロープの利用方法を解説していきます。

レンジ相場については過去の記事に取り上げていますが、その中から抜粋しましたので、参考にしていただければと思います。

相場にはボックス相場とトレンド相場の二種類があります。
ボックス(レンジ)相場とは
『一定の価格帯の範囲内でしか値動きがない』状況を指し
トレンド相場とは『一定の価格水準から、異なる価格水準に推移する過程』の事をいいます。

FXチャート

ボックス(レンジ)相場よりもトレンド相場の方が利益は伸ばせます。しかし、裏返して言えば大損する可能性もある相場です。
一方でボックス(レンジ)相場の場合はレンジの上限で買いすぎたり、下限で売りすぎると、反発し含み損を抱える恐れがあります。

レンジ相場かトレンド相場の見極めは
『移動平均線の傾き』
から判断すればよいかと思います。

エンベロープの活用方法・トレンド把握が命

エンベロープを活用するために、まずは移動平均線を活用してトレンド相場かレンジ相場か見極める必要があります。

移動平均線について知らない方はまずは下記リンクを読んでいただければと思います。難しいものでは無いので安心してください

【FX・株式・移動平均を学ぶ 】初心者必見・投資の始め方【トリセツ】

トレンド相場、レンジ相場で狙うエントリーポイントは単純に図で表すと下記の様になります。

エンベロープ活用方法

トレンド相場かレンジ相場を確認するには長い時間軸である1時間足、4時間足や日足を利用すると良いと思います。

実際に本物のチャートに当てはめて分析を行っていきます。

エンべロープ・レンジ相場

トレンド相場とレンジ相場

レンジ相場におけるエンベロープの活用方法について解説します。
私はエンベロープはレンジ相場においてかなり良く作用するテクニカル指標だと思っています。

上の図は4時間足のチャートを示していますが、その中で3本の移動平均線(短期、中期、長期)の方向性が定まらない、期間があります。この期間(7月後半から9月初旬まで)をレンジ相場といいますが、さらに短い時間軸の30分足を見て活用方法を学んでいきましょう。

エンベロープレンジ相場

チャートを見ると、上下のエンベロープ(青線)にロウソク足がタッチすると値が戻されています。
この値動きのパターンは価格が最終的に移動平均線へ回帰する特性を表しています。

レンジ相場は市場の材料不足のため上にも下にも大きく動く力が無い状態の時に発生します。

そのため移動平均から大きく離れてしまうと、重力に引き付けられるかのように、値は戻っていきます。

こうしたパターンを利用することで、エンベロープの上限/下限で往復して利益を狙うことができます。

エンべロープ・トレンド相場

トレンド相場 エンベロープ

レンジ相場時においてはエンベロープの下の線、上の線にタッチした時に売買することで利益を上げやすくなりますが、トレンド相場で同様の事を繰り返すと大やけどをします。

レンジ相場と違いトレンド相場は一方方向に強い勢いが生まれている相場環境になります。ロケットの打ち上げが失敗するケースをレンジ相場に例えると、打ち上げ成功して大気圏(抵抗ライン)を抜けていくことを(上昇)トレンド相場ということになります。

当然トレンドに乗ったロケットに対して力ずくで止めようとしても跳ね返されるだけです。上のチャートを見て分かる通り、エンベロープの上限で売りから入っても(トレンドに逆らうことを逆張りといいます。)瞬間的には値は下がりますが、その後は元の水準に価格は戻り、更に高値を更新しています。

逆張りをして、わずかに下げる瞬間を狙うトレードも否定はしませんが、リスクに対してリターンが限定されすぎているのでオススメはしません。

トレンドに乗ること

トレンド発生時は中々、エンベロープにタッチすることが少ない(上昇トレンドの場合はエンベロープの下限にタッチすることを意味する。)ので売買できるタイミングは中々ありません。
そうしたこともあり、私はトレンド発生時は移動平均線(期間21)の周辺でトレンドに沿ったポジション(順張り)を取ることが多いです。

エンベロープ使用上の注意

  • 経済指標発表時
  • 要人発言やイベント時
  • 高値安値などの節目をブレイクする時

エンベロープを用いる時に注意することは突然のトレンド転換時にあります。
レンジ相場から急にトレンド相場になった時や上昇トレンド相場から下落トレンドに移行した時はエンベロープが正常に機能しなくなります。
反発するところで反発せずに、移動平均線が上下に大きく動き、エンベロープもそれに伴って幅を広げるケースになると大損します。

要人発言についてはトランプ大統領が急にTwitterで呟いたりするので、予測が不可能ですが、イベントや経済指標の発表に関しては前もってスケジュールが決まっていることが多いです。

トレードをする前に経済指標発表の時間を必ず確認しましょう。

イベントや経済指標の発表はこちらのページから確認できます。

エンベロープトレード失敗例

予想に反する値動きをしたときは損切をすることが不可欠です。

エンベロープの設定方法

ここからはエンベロープの設定方法について説明していきます。
トレードソフトはMT4、MT5になります。世界中のトレーダーが使用している無料ソフトです。まだダウンロードできていない方は下記のリンクから、まずは無料で口座を開設し、ダウンロードしてください。



MetaTrader4 スプレッドが業界最狭水準!

『XM TRADING MT4』

私は両方とも口座を開設していますが、トレードではXMを使用しています。ですが、初心者の方はOANDAの方が触りやすいかと思います。

OANDAは東大院生トレーダーで有名になった「たばてぃん」さんも紹介していましたね。OANDAは市場参加者のポジションも見れるので、私も有効活用しています。

なぜ自分がXMを使用するかということは、こちらの記事を読んでいただければと思います。

【1万円を100万円にできる】海外FX口座で取引してみよう【XM・最大レバレッジ888倍】

MT4、MT5でエンベロープを導入する

下記の画像の手順で設定を行って頂ければ簡単に設定できます。

エンベロープ設定方法エンベロープ設定⓶エンベロープ設定方法⓷

まとめ

エンべロープを活用することで、この辺りまで値が上がる、下がるのではないかといった予想もできるようになります。またトレンドを意識するようになるので、トレードを始めたばかりの人には是非取り入れていただきたいテクニカル指標になります。

ただし、相場は常に一定の動きをするわけではないので、エンベロープを大きく突き破る値動きや、トレンドが変わったと感じたときは、早めの損切をしましょう。

大抵、エンベロープを突き破る時は大きな値動きになりやすいので、注意が必要です。一方で大きく値が上げたからと言って、飛び乗ってポジションを持ってしまうと、今後は逆に値が動いてしまうことも多々ありますので、売買に慣れるまでは静観する方が良いでしょう。

テクニカル分析は100%値動きを予想できるわけではありませんが、使い続けることで、その精度を高めることができます。今後も様々なテクニカル指標について説明していきますので、記事を読んでいただけたら幸いです。

それではお疲れさまでした!