【投資の始め方】トレードは1万円から【まずは少額で】

富裕層計画 投資の教科書 投資記録

    ※本記事ではFXトレードに興味がある方向けの記事になります。

こんにちは、インベスターDです!

私はトレードで金融市場からの資金調達を目標にしております。
まずは腕を磨く必要があるので、1万円を元手に海外FX口座にて売買を行っています。

1万円トレードのススメ

 トレードに失敗は当たり前。初めは全て失って良い資金で取引を。 

 トレード技術があれば1万円を100万~と資金を増やせる。
逆に100万円あっても、誤ったトレードを行えば0になる。

FXでトレード技術を身に付ければ、少しの元手でも大きな金の塊を作ることができます。
FXトレーダーで有名なポールジモンさんは、10万円の資金を1週間で100万円以上まで伸ばしました。業界でも有名な方ですので、私たちと比べて知識も経験も違うのですが。

それでも私たちも多くの経験を積むことで、ジモンさんまでとはいかないにしても
【勝てるトレーダー】になれると考えています。

だからこそ、トレードは継続して行うべきだと考えています。

そのためにも、いきなり全財産を投入するのではなく、少額から始めることを推奨します。私は一万円から始めていますが、個人の経済状況も違うのであくまで1万円トレード=全て失っても継続できる資金と捉えて頂ければと思います。

1万円トレードから学んだこと

ポイント

 勝率が高くてもトレードでは勝てない

 リスク管理の徹底が勝ち組への近道

自分でいうのもなんですが、私の【トレード勝率】は高く、感覚値としては7割くらいは保っているかと思います。
それでも最後は資産を吹き飛ばしてしまうのです。
twitterの投稿を見てほしいのですが、私が投稿しているトレード結果の中に答えは隠されています。
このトレード結果は1万円を元手に取引する企画になります。

数量の部分を確認すると0.2や0.4と数字が書かれています。
これは取引通貨量を表しており、0.1で1万通貨になります。

取引通貨がドルの場合は、1万ドル(2019年9月時点で約107円)を1万円で運用していることになるのです。レバレッジでいうと100倍弱ですね。

この画像の時点で資金は25,000円程あったので、0.2ロットで約70倍ほどです。しかし取引時間を見ると実は0.2ロットの注文を2つ入れ、0.4ロット(4万通貨、400万円分)で取引していたのです。レバレッジでいうと140倍弱ほどです。

こちらの投稿はポンド円の取引投稿になります。
※1ポンドは2019年9月時点で約135円

この取引は0.8ロット(8万通貨=約1000万円)分を買いポジションで持っていました。この時の資金は2万円程だと思います。レバレッジでいうと400倍ですね。

ちなみに今回のケース、0.1ロット(1万通貨)であれば10銭の変動で1000円資産が動きます。1万円の場合は10%資産変動ですね。

    計算式:107.10⇒107.20の場合、1万通貨を掛けると1,071,000円 ⇒ 1,072,000円 +1000円

0.8ロットの場合、たったの10銭で8,000円の変動です。予想が外れたら一瞬で資産は無くなりますよね。

こちらも私の売買履歴なのですが、この時は基本的には0.1ロット(1万通貨)で取引をしており、コツコツと勝ちを積み上げています。
勝率はほぼ9割ですね笑

しかし勝ち続けると、人間って調子に乗るんですよね。
これだけ勝てているし、ロット数あげればすぐに10万円に到達するんじゃないかとか・・
そして、この思考が最大の落とし穴になるのです。

そんな私からお伝えしたいことは

急がば回れです

為替相場は人間の欲や精神状況といった心理的要因も大きく左右するので、100%勝つことは難しいのです。
チャートを見てもらえば分かると思いますが、波打っていたり、突然上げたと思えば、瞬間的に下げたりと、不確実要素が盛りだくさんです。

そのため【常に負ける瞬間に備える必要があります。】

どれだけの損失を許容できるか
よく考えなければなりません。

負けても、次、勝負に行けることが大切です。そのためには損切りした時に失う資金を考える必要があります。

それでは私の強制ロスカットされた瞬間を動画でお楽しみください。

これだけ勝てていても最後に大損してしまっては意味がありません。

レバレッジをかけた取引が危険なのではなく、過剰なレバレッジが危険なのです。
有効にレバレッジを使用すれば、取引の幅も広がりますし、ある程度の資金で十分に利益を出すことは出来ます。
過剰なレバレッジをかけて、トレンドに乗れば瞬時に資産は何倍にもなりますが、長く相場に生き残るためには、リスク管理の徹底が欠かせません。

皆さんは複利という言葉を聞いたことあるでしょうか。
実はコツコツ利益を出すことは富裕層への近道なのです。時間は始めはかかりますが、徐々に効果を発揮します。

複利の力

複利とは金利の一種になります。簡単な計算式で例を挙げていきます。

元本 A 円 日利 2% のケース

  • 1日目 A+0.02A
  • 2日目(A+0.02A)×1.02 = B
  • 3日目 B×1.02 = C
  • 4日目 C× 1.02=….

このように2日目以降は元本だけでなく、利子に対しても利子が付きます。

これだけを見てもどれだけのの効果があるのか実感するのは難しいとおもいますので次の画像を見てください。

 

元本1万円、10万円を日利2%で運用した場合の一年後の資産になります。

*平日のみの計算にするため、大体1年間の平日が245日ほどなので8ヵ月で設定をしています。

結果を見て皆さんどのように感じましたでしょうか。

まとめ

  1. トレード力を高めるためには、経験を積むことは必要不可欠。理論的には分かっても、うまく行かないのがトレード。初めは少額でトレードを。
  2. 負けても(損切しても)致命傷は負わないことが大切。
    どれだけ勝率が良くても1回の損切が大きすぎたらトレーダーとして長生きはできない。
  3. 急がば回れ。複利を意識して、積み重ねるトレードを心掛ける。
最後にこの言葉をお届けします。

ちなみに私の使用しているFX口座が気になる方はこちらの記事を読んでいただければと思います。1,000円あればトレードができます。

【1万円を100万円にできる】海外FX口座で取引してみよう【XM・最大レバレッジ888倍】