【CNBC】コロナウイルスがビジネスに及ぼす影響

国際経済 投資の世界へ

こんにちは、インベスターDです!

今回は、CNBCの特集からコロナウイルスがビジネスに及ぼす影響について取り上げます。
CNBCでは様々な経済特集をYOUTUBE上で公開しており、大変勉強になります。動画は英語ですが、気になった方は是非、チャンネル登録してみてください。

それでは本題に入りましょうか!

コロナウイルス・チャイナタウンへの影響

中華街

チャイナタウンは世界中に広がっており、その名の通り、中国人が集まる街で、多くの中華料理屋もあります。

日本でも横浜の中華街は有名ですよね。

特集ではイギリスの中華街が取り上げられており、その中の有名なお店Dumplings’ Legendのマネージャーにインタビューをしています。

コロナウイルス影響

彼はその中で売り上げは50%も落ち込み、観光客もほとんど見かけなくなったとの発言をしています。

コロナウイルスの影響2

またCNBCはロンドンのチャイナタウンをまとめる協会の副理事にも取材もしました。

コロナウイルス影響

副理事が言うには、ロンドンだけではなくフランスやイタリア、ヨーロッパにある中華街全てにおいて、不況に陥っており、経営難に陥る店も少なくないとのことです。

皆、中華街へ行くとコロナウイルスに感染するリスクが高まると思い込む人がいるとのことです。実際はそんなリスクは明らかになっていませんが。

風評被害というものでしょうか。日本でも福島原発の事故以降、東北地方の農業、漁業は風評被害に苦しむことがありましたよね。

しかし、今回に限っていえばリスクが明らかになってはいないものの、正直、中華街には行こうという気持ちにはなりにくいですね。

⇓クリックしていただけると本当に励まされます・・・!





コロナウイルス・フードデリバリーサービスへの影響

コロナウイルス影響

続いてはフードデリバリーサービスへの影響についてです。
取り上げる企業はシンガポールや香港で事業を行うAMGDのCEOにインタビューを行いました。


AMGDのユニークな動画 笑

飲食店の売り上げはコロナウイルスの影響で縮小する中、フードデリバリーサービスの需要は大きく高まっていると話しています。

また、この状況を楽観視はしておらず、コロナウイルス対策は十分に行っており、食事だけでなく、食事を供給する過程においても気を配っているとのことです。

コロナウイルス影響デリバリー3

コロナウイルス影響デリバリー2

シンガポールでは、フードデリバリーを行うドライバーがコロナウイルスにより隔離されることになった場合には、一日70ドルの保証をするとのことです。

デリバリーサービスを利用する人は外部からの感染を防ぐことができますが、配達する人は防ぐことができませんからね。。

Grab foodでも同様に一時金の支給を行うとのことです。

GRAB

また、宅配業者のDeliverooはコロナウイルスの影響で苦しい状況にある飲食店を助けるために、飲食店が宅配業者に支払っている手数料を20%も減額するとの施策を打ち出しています。

コロナウイルス・中国人の消費への影響

中国人特需

日本でも中国人の爆買いは有名ですが、それは他国でも同様です。中国人の富裕層の70%が海外で買い物をするそうです。

コロナウイルスで中国人を少し別の目で見てしまう世の中の雰囲気がありますが、彼らのおかげで経済が活性化していることも忘れてはいけません。

日本もバブル時代は海外にブランド物を買いあさりに行っている時代があったそうですしね。

そして今回の新型コロナウイルスの世界的流行により、こうした中国人の買い物客、約7千万人が隔離下にあるそうです。

ボンドストリート

ロンドンで有名な買い物の名所、ボンドストリートの状況について、富裕層の買い物事情を専門としているアナリストにインタビューを行いました。

kantar
ボンドストリート

ボンドストリート

ロンドン中心街にある高級ブランド店が立ち並ぶ通り。シャネル、グッチ、フェラガモ、ティファニーを始め、世界の高級ブランドが集結している。

中国は近年、大きく経済発展を遂げており、それに伴い多くの中国人は積極的に高級消費財を購入してきました。

2025年には高級消費財の消費の41%を中国人が占めるというデータもあります。2018年の統計によると、高級消費財を買う中国人の年齢層は48%が30歳以下の若者というデータもあり、彼らは、成長を続ける中国を見てきて、貯蓄をする考えがあまりなかったようです。

しかし、今回の新型コロナウイルスの影響で、21%の中国人買物客が消費を控えるとのデータも出ているようです。

⇓クリックしていただけると本当に励まされます・・・!





航空業界への影響

航空産業

新型コロナウイルスが与える航空業界への影響も深刻です。

航空機産業衰退

航空旅行の成長率は2008年のリーマンショック以来となる衰退で、新型コロナウイルスの発生前は4.1%の成長率に対して、2020年は0.6%の成長率を見込んでおり、損失額は約300億ドルにも及びます。

韓国のアシアナ航空も先日、10日間の無休休業を発表しましたね。

日経新聞3/3の記事を抜粋。

経営再建中の韓国アシアナ航空は2日、全社員を対象に3月中に10日間の無給休業を義務付ける方針を明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大により、中国便に限らず幅広い路線で航空需要が急減しており、無給休業を実施して人件費負担を減らす。同社は3月の従業員給与を3分の1削減するとしている。

希望者には最大3カ月間の休職も認め、コスト削減を進める。同社は「経営非常事態」を宣言しており、社長は全額、役員は50%の報酬返上を決めている。需要急落に伴い、新たに従業員の給与カットに踏み切った。

韓国政府がまとめた国内航空会社の乗客数は、2月第3週の17~23日に前年同期比84%減となった。新型コロナの感染拡大で旅行客や出張者が急減したうえ、韓国内での感染拡大を受け、韓国発の航空便の運航を禁止する国・地域が増えているためだ。航空業界の深刻な苦境は当面続く見通しだ。

航空業界への投資は控えるのがよさそうですね

特に格安航空は大丈夫なのか・・・と思います。

コロナウイルス・イベントへの影響

コロナウイルスの影響は多くの人が集まるイベントにも延期や中止などの影響を及ぼしています。

イベントが開催されないと間接的に航空業界、ホテル、レストランなどにも悪影響を与えます。

例えば、GSMA モバイルワールドコングレスでは30年間の歴史で初めての中止が決まりました。アマゾンやノキア、ソニーといった主要企業がコロナウイルスの影響を懸念して、欠席したためです。

    GSMA モバイルワールドコングレスとは、世界最大級の携帯電話関連展示会と世界中の携帯電話会社、端末製造メーカー、テクノロジープロバイダー、販売会社、コンテンツ会社の有名最高経営責任者が出席するカンファレンスを複合したイベントである。

イベント影響

GSMA モバイルワールドコングレスは4日間の開催にもかかわらず、14000人以上の雇用が生まれて、来場者数は10万人をこえる大規模なイベントになります。見込まれる収益も5.3億ドルと巨額です。

コロナウイルスオリンピック

そしてイベントといえば、今年、日本で開催予定の東京オリンピック。

すでに360万枚と多くのチケットが売れています。IOCは開催する気でいるようですが、今後、事態が悪化した場合は開催されるかどうか疑問ですね。

無観客オリンピックなんてこともあったりして。。

ちなみにSMBC日興証券の試算では東京オリンピックが開催されない場合、約8兆円規模の損失を被ることになるとのことです。

新型コロナウイルスの感染拡大が収束せず東京オリンピックが中止になった場合、経済損失は7兆8000億円に及ぶという試算が公表されました。  SMBC日興証券は新型コロナウイルスの経済に与える影響について試算しました。このなかで、東京オリンピック・パラリンピックについて「感染拡大が7月まで続くなら中止となる可能性は高い」と指摘し、オリンピックの中止による損失は大会運営費に加え、観戦客の食事やグッズ購入など6700億円と見込んでいます。国内の消費の落ち込みや中国との貿易の減少などの影響と合わせると経済損失は7兆8000億円に上ると試算しています。また、来月中に感染拡大が落ち着いたとしても日本経済へのダメージは4兆8000億円に及ぶとしています。-東京五輪中止なら損失7.8兆円 新型コロナ影響試算―SMBC日興

まとめ

投資についても触れますが、今回のコロナウイルスの影響で貿易や小売り、サービス業、製造業、あらゆる経済活動を滞っています。
そのため、金融緩和策でも株価を維持できるか怪しいところです。

ニューヨークでも3月8日に非常事態宣言が発令され、アメリカでも徐々に患者数が増えています。

アジア圏、欧州、アメリカ、経済活動が活発な地域は全て新型コロナウイルスの感染地となっているようですね。

こうした時は下手に落ちているナイフをつかむようなことはせず、静観する方が良いかと思われます。もしくは投資ではなく、投機として株価指数を空売りしたりと下落に対応した行動をとることが大切です。

株価指数を売買するには・・・・?

最後に偉大な投機家・リバモア氏の名言を紹介します。

⇓クリックしていただけると本当に励まされます・・・!





ジェシー・リバモア名言

リバモア

  • 賢明な相場師は、忍耐の意味を知り、つねに予備の現金を用意している
  • 相場の動きを漫然と「期待して待つ」のは博打であり、忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間「反応する」のが投資・投機である
  • 適切な流れをつかみ、その枠組みの中で取引を展開すること、強風に逆らって船をだすような無謀はさけるべきだ
  • 相場全体の流れが自分の目にいやな形として映る場合、自分の認識以上に不利な状況と見る必要がある
  • 最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていることだ

リバモアって誰って方は上記の男性写真をクリックしてね

最後までお読みいただきありがとうございました!!

CNBC特集