答え・・・Bでした!

どちらのほうが買い圧力が強いとのことですが・・・答えは

Bでした!
トレード・プライスアクション

  •  Aは下値を切り下げなければ買いが入らないといった値動き
  •  Bは売り圧力があったにも関わらず、買い圧力が勝ったため下げきれなかったチャートを表しています。

Bは物理的に考えると落ちそうなんですけどね笑

いずれにしても、反発のサインが出ても、その反発が短期的なものか、長期的なものかは、市場の雰囲気や値動きを見て判断する必要があります。

trade

画像の取引では、材料もそうなく、反発が一時的なものだと判断して、フィボナッチの戻り高値61.8%のラインで利確をしました。

デイトレードではこうしたプライスアクションをみて売買をしていくのですが、予想と違う方向に動いた場合の損切り対応も大切になります。
私はこのチャートの取引②の場合は、もみ合いの価格帯の下あたりに損切ラインを設定します。

↓クリックしてくれると嬉しいです!